MENU

いろんな磨き方があるけれど、これで虫歯を防げてます

 

 

 

歯磨き、していますか?

 

まあ、歯磨きはみんなちゃんとやっていると思います。

 

 

問題は、歯磨きの仕方。

 

何となく親から習った磨き方で歯磨きをしていませんか?

 

でも、その磨き方は正しい磨き方なのでしょうか。

 

 

僕も、歯磨きの方法は自分で調べたり、いろいろ試してみたんです。

 

そして今は、いきつけの歯医者さんに教えてもらった磨き方をベースに、歯磨きをしています。

 

 

 

そのおかげか、それ以降虫歯は1本もありません。

 

さらに、以前は歯周病があったのですが、それもなくなりましたよ。


 

 

 

それなら、数ある歯磨きの方法の中でも、この磨き方は正解の1つなのでしょう。

 

そこで、僕が習った磨き方について、あなたにもお伝えしようと思います。

 

 

全体の磨き方

 

 

 

ローリング法を最初に覚えたが…

 

まず、歯全体の磨き方。

 

私が最初に覚えたのは、ローリング法と呼ばれる歯磨きの方法でした。

 

歯ブラシを歯の歯茎の間にあて、歯先の方向に回転させる磨き方です。

 

 

そして、そのローリング法で子供の頃から歯磨きをしていたのですが、人並みに虫歯はありましたね。

 

 

バス法を習った。

 

歯医者さんに行って習ったのが、バス法と言われる歯磨きの方法です。

 

歯ブラシを、歯と歯茎の間に45度ぐらいの角度で当て、左右に振動させて磨く方法。

 

あまり大きく左右に動かす必要はありません。毛先を当てたまま、毛先は移動させずに振動させるイメージですね。

 

 

歯の表面は、歯ブラシを90度ぐらいの角度に当てますが、振動させる点は一緒。

 

歯ブラシの細かい振動によって、プラークを除去していきます。

 

 

 

たしかに、この磨き方のほうがプラークが取れてる感じなんですよ。

 

歯の表面のツルツル度合いが違います。


 

 

電動歯ブラシなんかも、歯ブラシの細かい微振動でプラークを除去しますよね。

 

ですから、この磨き方が一番プラークが取れるのかもしれません。

 

 

奥歯は、口をあまり開けずに磨く

 

奥歯は、なかなか歯ブラシが届きにくい場所ですよね。

 

一番奥の奥歯なんか、磨いているようで全然磨けていないことも多いんですよ。

 

口を大きく開けたまま歯磨きすると、口の構造上、一番奥の奥歯まで歯ブラシが届かないんです。

 

ですから、そのあたりを磨くときは、口をある程度閉じて奥のほうを磨くようにしてくださいね。

 

 

デンタルフロスを使う

 

デンタルフロス

 

 

先ほどのバス法で全体を磨いても、プラークは完全に除去できるわけではありません。

 

おそらく、まだ3割ぐらい残っていることでしょう。

 

 

歯には隙間があったりするので、普通の歯ブラシだけではプラークの除去に限界があるんです。

 

ですから残りの3割は、通常の歯ブラシ以外の道具で除去する必要があるんですね。

 

その道具の1つとして、デンタルフロスがあります。

 

 

 

 

フロスを任意の長さで切って、右の指(人差し指)と左の指に巻き付けます。

 

そして歯と歯の隙間に、ゆっくりと差し込んでいきます。

 

歯と歯の隙間って、歯ブラシではなかなか磨けない部分ですよね。

 

その部分を、フロスで磨いて食べかすやプラークを落としていきます。

 

 

そしてさらに、歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットの部分も、デンタルフロスで磨きます。

 

 

ここがポイント。この部分も、歯ブラシではなかなか磨きにくい場所なんですね。

 

歯周ポケットは、歯周病ではない方も2〜3mmぐらいありますので、歯の横からその部分に、フロスをそっと差し入れ、歯の表面をフロスで数回磨いてください。

 

 

 

なお、あまりフロスを指にきつく巻き付けすぎると、指がうっ血を起こす可能性もあるので、ほどほどに。

 

私は、下の歯をフロスで磨いた後、いったん巻き付けたフロスを外し、そしてまたフロスを巻き付けて上の歯を磨いています。


 

 

 

ワンタフトブラシを使う

 

 

 

さらに、歯と歯のすき間の溝や、一番奥の奥歯の横の部分などは、ワンタフトブラシを使って磨きます。

 

 

ワンタフトブラシ

 

 

こんな形状の歯ブラシです。

 

一番奥の奥歯の横の部分って、普通の歯ブラシで磨くのは至難の業。

 

でもこのワンタフトブラシなら届きます。

 

 

また、歯と歯のすき間の溝も、このブラシなら大丈夫。

 

特に、溝と歯茎の間は丁寧に。

 

ワンタフトブラシをあてたまま、場所は動かさずに円を描くようにグルグルと歯ブラシを小さく回転させて磨いてくださいね。

 

 

歯間ブラシを使う

 

 

 

そして、歯間ブラシも使いましょう。

 

特に私の場合、デンタルフロスでもワンタフトブラシでも磨けない、「トンネル」の空間があるんです…

 

歯にブリッジをしている関係もあって、歯間ブラシでしか磨けない箇所があるんですね。

 

その部分は、歯間ブラシを通して磨いています。

 

 

歯間ブラシにも様々なサイズがあります。

 

あなたの歯間に合わせてサイズを選んでみてください。

 

 

鏡を見ながら磨く

 

 

 

そしてできれば、鏡を見ながら歯を磨いてください。

 

どこに歯ブラシやフロスがあたっているのかを確認しながら磨くと、磨き残しがグッと減ります。

 

逆に、鏡を見ずに磨くと、結構いい加減な磨き方になっているので注意。

 

 

1日1〜2回で充分

 

 

 

ただ、ここまで丁寧に磨くのは、1日1〜2回で充分です。

 

私は朝は通常の歯ブラシで磨くことしかしておらず、フロス等を使うのは夜だけ。

 

ちなみに、夜は15〜20分ぐらい時間をかけて磨いています。

 

 

 

その際、「いつもありがとう〜!」と自分の歯や歯ぐきに対して感謝の思いを抱きながら磨くといいかも!


 

歯ブラシはどれがいい?

 

 

 

歯ブラシについては、これはどの歯ブラシでもいいと思うんですよ。

 

自分が磨きやすいと思った歯ブラシでいいと思います。

 

毛の硬さも、お好みでいいでしょうね。

 

あまり硬かったりすると、歯や歯ぐきを削ってしまってよくないので、「ふつう」が無難かも。

 

 

また、力を入れてゴシゴシ磨く必要はありません。

 

力でプラークを落とすのではなく、振動でプラークを落とす感じです。

 

 

私が使っている歯ブラシは…

 

ソラデーN4

 

 

ちなみに私が使っているのは、「ソラデー N4」という歯ブラシです。

 

マイナスの電子がプラークを落としやすくしてくれるそうで、前モデルの「ソラデー3」の頃から5〜6年近く使ってますね。

 

でも、あえてこれを使わなくても、正しいブラッシングをしていれば虫歯や歯周病はかなり防げるのではないでしょうか。

 

 

フロスは?

 

 

 

フロスも、お好みのフロスでいいと思います。

 

ただ、自分で長さを調節して指に巻くタイプじゃないと、歯周ポケットあたりの歯を磨くのは難しいかも。

 

 

デンタルフロス リーチ

 

 

私は、ワックスタイプのデンタルフロスを使っています。

 

ワックスが塗られているタイプは、歯間に入りやすいため、初めてデンタルフロスを使うならオススメ。

 

ワックスがついていないタイプのほうが、よりプラークが落とせるんですが…

 

 

 

ちなみに私は、ワックスがついてないタイプはすぐに歯間で切れてしまい、うまく使えません…。


 

 

歯磨き粉は?

 

 

 

私が使用している「ソラデー N4」は、歯磨き粉は不要で水だけで磨ける歯ブラシなんですよ。

 

ですから、私自身はあまり歯磨き粉を使いません。

 

それでも、時々は歯磨き粉を使って歯磨きをします。

 

その際に使うのは、歯医者さんから勧められたこれ。

 

 

バイオペースト

 

 

「バイオペースト」というチューブですね。

 

すべての成分が天然素材でできており、安全な歯磨き粉です。

 

歯磨き粉にしてはややお高めですが、私はたまにしか使わないのでOK。

 

 

まとめ

 

 

 

自分の歯でご飯が食べられるって、幸せなことなんですよ。

 

歯を失って初めて、その事に気づくかもしれません。

 

でもそうなった後に気付いても、後の祭り。

 

ですから、今の段階から歯を大切にしたいものです。

 

 

あなたも正しいブラッシングをして、歯と歯ぐきを一生大事にしてあげてくださいね!

 

 

お口ケアの新常識、L8020乳酸菌!
歯磨きした後に舐めるだけ!私も試してみたところ…


このページの先頭へ